「株式会社」の英語表記!4つの書き方の違いと使い方

「株式会社」を英語で表記する場合“Co., Ltd.”“Inc.”といった書き方がありますが、それぞれの読み方や意味をご存知ですか。

実は「株式会社」を英語表記する方法は4つもあって少々ややこしいのです。

そこで今回は「株式会社」の4つの英語表記方法とそれぞれの違いや使い方をまとめてご紹介します。

企業名の英語表記の決め方

日本では株式会社として登記する場合、企業名に必ず「株式会社」と表記する規則になっています。

それと同様にアメリカイギリスでも必ず含めなければならない表記があります。

アメリカでは“Inc.”, “Co.”, “Corp.”,“Ltd.”のうちのどれか、イギリスでは“Ltd.”を含める必要があるのです。

また日本では前株(株式会社の表記を会社名の前にもってくる表記方法)でも、後株でも良いのですが、英語表記の場合には会社を表す“Inc.”のような言葉は必ず会社名の後ろにつける規則になっていますので、注意してください。

では、色々ある会社の英語表記について、それぞれの意味合いや書き方、読み方を各項目で詳しく解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

「株式会社」をそのまま英語翻訳すると“stock corporation”ですが、会社名を表記する際にこの言葉を使うことはありません。

“Co., Ltd. ”について

まず最初にご紹介するのは“Co., Ltd.”です。

日本の企業で最も多く採用されているのがこの“Co., Ltd.”になります。

日本に限らずタイやベトナム、香港などアジア系の企業に多く見られる表記です。

“Co., Ltd.”とは

“Co., Ltd.”は“Company Limited”の略称です。

“Company”は「会社」、“Limited”は「有限責任」を表していますので、“Company Limited”で「有限責任会社」という意味になります。

日本の「株式会社」を表す言葉として広く使われてきましたが、欧米の企業があまり採用していないという事情もあり、以前よりも使う企業が減ってきているようです。

「株式会社」というのは株を保有している人がその部分のみ責任を負う会社形態のことです。もし会社が倒産してしまって負債を抱えていたとしても、個人資産をその負債にあてる必要はなく、株に投資した分のみの責任を負うだけになります。このように責任に限度の有ることを「有限責任」と言います。

“Co., Ltd.”の書き方と読み方

“Co., Ltd.”は“Co. Ltd.”と表記する場合とカンマ(,)を間に入れて“Co., Ltd.”とする2つの場合があります。

欧米ではカンマ(,)を入れているケースが少ないため、日本企業も “Co., Ltd.”を採用する企業は減少傾向にあるそうです。

また“Ltd. ”の前には必ず「半角スペース」を入れるよう注意が必要です。

“Co.,Ltd.”や“Co.Ltd.”という表記は誤りになりますので、気をつけてくださいね。

“C”と“L”は大文字にすることも忘れないようにしてください。

“Co., Ltd.”をすべて大文字表記にして“CO., LTD”とする場合もあります。

“Co., Ltd.”は“Company Limited”の略称ですが、これを読む場合には省略をせず「カンパニー・リミテッド」と読みます。

“Co., Ltd.”の使用例

ALL NIPPON AIRWAYS CO., LTD.→ 全日本空輸株式会社
YAMATO TRANSPORT CO., LTD.→ ヤマト運輸株式会社

“Inc.”について

続いてご紹介するのは“Inc.”です。

これはアメリカで最も多く採用されている表記になります。

“Inc.”とは

“Inc.”は“Incorporated”の略称です。

これは「法人格のある」という意味の形容詞で、登記されている会社であることを示しています。

「株式会社」は全て登記済の会社ですから、“○○ Inc.”で「株式会社」であることを表現できます。

“Inc.” の書き方と読み方

“Inc.”の書き方のポイントは“Inc”の最後に必ずピリオド(.)を打つことと、最初の“I”を大文字にすることです。

また“Amazon.com, Inc.”のように“Inc.”の前にカンマ(,)を入れても、“Apple Inc.”のようにカンマ(,)を入れなくても、どちらでも構いません

もしカンマ(,)を入れる場合には、カンマ(,)の後ろには必ず半角スペースを入れるようにしてください。

また“Inc.”をすべて大文字表記にして“INC.”とする場合もあります。

“Inc.”の読み方は「インク」または略さずに「インコーポレーテッド」と読みます。

“Inc.” の使用例

SUMITOMO MITSUI FINANCIAL GROUP, INC.⇒ 株式会社三井住友フィナンシャルグループ
DENTSU INC.⇒株式会社電通

“Corp.”について

“Corp.”もアメリカの企業で採用されているケースの多い表記です。

“Corp.”とは

“Corp.”は“Corporation”の略称です。

“Corporation”は法的な手続きをして法人格を持った会社のことで日本語にすると「株式会社」「法人」といった意味になります。

先ほどご紹介した“Incorporated”とほぼ意味合いで使われます。

“Corp.” の書き方と読み方

“Corp.”の書き方のポイントは最初の“C”を大文字にすることです。

最後のピリオド(.)はつける場合もあればつけない場合もあります。

また“Corp.”の前にカンマ(,)は必要ありませんが、会社名との間には必ず半角スペースを入れるようにしてください。

また“Corp.”をすべて大文字表記にして“CORPORATION”とする場合も多いです。

“Corp.”は“Corporation”の略称ですが、読む場合には略さずに「コーポレーション」と読みます。

“Corp.” の使用例

BRIDGESTONE CORPORATION⇒株式会社ブリヂストン
FUJIFILM CORP.⇒富士フイルム株式会社

“Ltd.”について

アメリカで最もポピュラーなのは“Inc.”ですが、イギリスでは“Ltd.”が一般的です。

“Ltd.”とは

“Ltd.”とは“Limited”の略称です。

イギリスでは必ず“Limited”つまり「有限責任」であることを明記しなければ登記ができないため、会社名には必ず“Limited”が含まれています

また“Ltd.”の他に“Public limited company”の略称である“Plc.”が用いられることもあります。

“public”というのは「公の」という意味の形容詞ですが、ここでは「株式公開」の意味で使われていて“Public limited company”は「株式を公開している企業」という意味合いになります。

“Ltd.”はアメリカの企業でも用いられますが、株主が限定される小規模の企業に使用されることが多いようです。

“Ltd.” の書き方と読み方

“Ltd.”の書き方のポイントは“Ltd.”の最後に必ずピリオド(.)を打つことと、最初の“L”を大文字にすることです。

“Ltd.”の前にカンマ(,)を入れても、カンマ(,)を入れなくても、どちらでも構いません。

もしカンマ(,)を入れる場合には、カンマ(,)の後ろには必ず半角スペースを入れるようにしてください。

また“Ltd.”をすべて大文字表記にして“LTD.”とすることもあります。

“Ltd.”は“Limited”の略称ですが、読む場合には略さずに「リミテッド」と読んでください。

また略さずに“LIMITED”とする場合もあります。

この場合は、最後に必ずピリオド(.)は必要ありませんが、会社名の後に半角スペースは入れてください。

この場合も“LIMITED”の前にカンマ(,)を入れても、カンマ(,)を入れなくても、どちらでも構いません。

“Ltd.” の使用例

HITACHI, LTD.⇒株式会社日立製作所
STARBUCKS COFFEE JAPAN, LTD.⇒スターバックス コーヒー ジャパン株式会社

付録:“& Co.”について

最後に“& Co.”についてもご紹介しておきます。

“& Co.”とは

“& Co.”は“& Company”の略称です。

“Company”というのは「共にパンを食べる人」が語源です。

仲間同士の共同組織というのが“Company”のおおもとの意味合なので、単純に「会社」を表す言葉になります。

「有限責任」であることや「株式会社」を表すわけではありませんのでご注意ください。

なお“Company”の前に“&”がつく“& Company”の場合には、“&”の前に必ず人名がきます。

読み方は「アンド・カンパニー」です。

これを採用している有名企業は「Tiffany & Co.⇒ティファニー・アンド・カンパニー」「McKinsey & Company⇒マッキンゼー・アンド・カンパニー」です。

“Tiffany & Co.”はチャールズ・ルイス・ティファニーさんが、“McKinsey & Company”はジェームズ・O・マッキンゼーさんが設立した会社なので、今のような会社名になっているのですね。

まとめ

今日は「株式会社」の英語表記について、その意味合いや書き方、読み方をご紹介しました。

国によって表記に特色があるので、企業名を見るだけで“Co., Ltd.”であれば日本企業もしくはアジア系の企業かな、“Inc.”とあればアメリカやカナダの企業かな、“Ltd.”ならばイギリスの企業かな、と想像することができますね。

今回はここまでです。お疲れさまでした!

なでしこ
これで今日も英語力ワンランクUP。がんばったね!うれしいね!またね!