「嬉しい」の英語|ネイティブ流“happy”“glad””pleased”の使い分け方をわかりやすく解説!

嬉しいことがあった時、“I’m happy”“I’m glad”ばかり使ってしまっていませんか?

実は、英語には、「嬉しい」気持ちを表すための表現が、もっとたくさんあるのです。

伝える相手やシチュエーションに合わせて最適な表現を選べば、相手にあなたの気持ちが、ぐっと伝わりやすくなりますよ

そこで、今回は、「嬉しい」を表す単語の使い分けや、ネイティブがよく使うフレーズをご紹介します。

「嬉しい」の基本表現

まず、嬉しい気持ちを表す時の基本的な表現方法として、「主語+be+形容詞」のように、「嬉しい」という意味を持つ形容詞を使う言い方があります。 

「嬉しい」を表す形容詞としては、“happy”“glad””pleased”などの単語がすぐに思い浮かぶかもしれませんね。

でも、これらの単語には、微妙なニュアンスの違いがあるのです。

まずはこれら3つの単語の、ちょっとしたニュアンスの違いを抑えておきましょう。

満ち足りた喜びを表す“happy”

まずは、“happy”です。

日常のあらゆる場面で、もっともシンプルに「嬉しい」気持ちを表現できるのがこの単語です。

“happy”には、「幸せな気持ち」や「満足した気持ち」が込められています。

I’m happy to meet you.⇒あなたに会えて嬉しい。
He looks so happy. ⇒ 彼はとても嬉しそうに見える。

また、“happy”を使ってこの上ない喜びを表現する言い方としては次のようなものがあります。

I couldn’t be happier! ⇒ こんなに幸せなことはない!

“could not do +比較級”「今より…にはなりえないだろう」という意味になります。

つまり、「今より幸せにはなりえないだろう」=「これ以上の幸せはない」ということですね。

同じように“could not do +比較級”を使った表現に、“I couldn’t ask for more.”があります。

”ask for“「求める、要求する」という意味の熟語です。

「今以上求めることはありえないだろう」=「最高だよ」と大満足している気持ちを表す表現です。

ホッとした気持ちを表す“glad”

次に“glad”の使い方です。

“happy”とほとんど変わらない表現だと思っている人も多いかもしれませんね。

例えば、”I’m glad to meet you.”を日本語に訳すと「あなたに会えて嬉しい」となり、一見して先ほどの“happy”との違いはないように見えます

ですが、実は“glad”には、「感謝の気持ち」「安心した、ホッとした」というニュアンスが含まれているのです。

“happy”が相手に会えて嬉しいという単純な喜びを表すのに対し、“glad”は「会えて良かった」という感じですね。

(A)I’ve found a new job. ⇒新しい仕事が見つかったよ。
(B)I’m glad to hear that.⇒それは良かったですね。

このフレーズは、相手の話に対し、「良かったね」とホッとした気持ちを伝える表現としてよく使われます。

逆に相手の話を聞いて、残念だという気持ちを表す時には、次の表現を使いましょう。

・I’m sorry to hear that.⇒それは残念だったね。

丁寧な印象の“pleased”

“pleased”は、ニュアンスとしては“happy”に近い意味を持つ単語です。

ただし、“happy”や”glad”に比べると、やや丁寧な印象を与えます

目上の人に対して喜びを示す時や、ビジネスシーンなどで使うと良さそうですね。

I’m pleased to meet you.⇒あなたにお会いできて嬉しいです。

なお、はじめにご紹介した“happy”は使い方によっては少し幼い印象になるので、注意が必要です。

例えば、単に“I’m happy.”とだけ言うと、子どもやティーンエイジャーの女の子が「嬉しい~!」と言っているようなイメージもあります。

大事なビジネスの場面では、相手に違和感を持たれる可能性もありますので、あまり使わない方がよいでしょう。

また、”pleased”は、“to do”や”with”、”that”などと組み合わせて、嬉しさや喜びの対象を明確にして使うことが多いです。

基本的には“I’m pleased.”とは言わないのですね。

文脈上、何について話しているか明白な場合は、“I’m pleased.”だけで大丈夫なこともありますが、“pleased”を使う時は、自分が何に対して喜んでいるのかをなるべくはっきりと伝えましょう

I’m pleased that you’re interested in my proposal. ⇒ 私の提案に興味を持ってくださって嬉しいです。

嬉しさを強調する


「感動」の英語表現で「感動」の度合いを強調ワードでより豊かに表現したように、これまで紹介した形容詞の前に、“so”“very”などの副詞を持ってくると、より強く、嬉しい気持ちを表現することができます

ちなみに、“so”には親しみを感じさせるニュアンスがあるので、関係が近い人に対して使われます。

対して“very”は少しフォーマルな印象

なので、家族や恋人に対して「あなたと一緒にいられて、すごく嬉しい」という時は”very”より“so”を使って“I’m so happy to be with you”と言う方が自然です。

また、“so so”と“so”を繰り返したり、“sooooo”と“o”を強調したりすることもできます。

SNSなどで見かけるくだけた表現です。

“You made me sooooo happy!”は日本語にすると「あなたのおかげで、私、とーっっっっても幸せ!」という感じでしょうか。

なお、“make+人+形容詞”で、「人を~の状態にする」という意味になります。中学校で習う基本の文法ですが、ここで改めて抑えておきましょう。

・The news made her sad. ⇒ そのニュースは彼女を悲しませた。

「嬉しい」という単語以外を使った喜びの表現

続いては「嬉しい」という意味を持つ単語を使わずに、喜びを表現するフレーズをご紹介します。

It’s too good to be true.⇒うそみたいだ。

信じられないくらい良いことが起きた時に使います。

また、話がうますぎて信じられないという時にも使える表現です。

It’s like a dream come true.⇒夢みたいだ。

念願がかなって、まるで夢のような気分だという時に使えます。

I’m walking on air.⇒うきうきしてるよ。

直訳すると「空中を歩いている」ですね。

そのまま訳しても、何となく、ふわふわした嬉しい気持ちが伝わるような気がしませんか?

It’s the best day ever!⇒人生最高の日だ!

「best day ever」「今までで最高の1日」という意味のアメリカ英語です。

形式的な慣用表現ではありませんが、よく使われるフレーズです。

とても素晴らしいことがあった日に使います。

I got my college acceptance letter this afternoon, it’s the best day ever! ⇒僕は今日の午後、大学の合格通知を受け取ったよ。人生最高の日だ!

「Welcome to our best day ever」のように、結婚式のウエルカムボードに使われることもありますよ。

He was in a good mood this morning. ⇒彼は今朝機嫌が良かった。

“mood”というと「あの二人良いムードだね」などと「雰囲気」という意味で使うことが多いかもしれません

この場合の“mood”は「気分・機嫌」という意味です。

逆に「彼女ご機嫌斜めだったね」という時には、“She was in a bad mood.”と言います。

I was on cloud nine.⇒この上なく幸せな気持ちでした。

「on cloud nine」で「天にも昇るような」「至福の」「この上なく幸せな」など、とても幸せだという気持ちを表すことができます。

When the boss announced my promotion, I was on cloud nine. ⇒上司が私の昇進を発表した時、この上なく幸せな気持ちでした。

直訳しようとすると、「9番目の雲の上」となり、何のことかさっぱり分からないかもしれませんね。

語源は諸説あるようですが、『神曲』で有名なダンテの書物の中で、“the ninth heaven”が神に一番近く、一番幸福であるとされたことに由するという説があるそうです。

文化の違いが、言葉に表れるのが面白いですね。

思わず口から飛び出す「嬉しい」の表現


最後に、思わず口から出てしまう、喜びを表すショートフレーズをご紹介します。

日本語でも嬉しいことがあった時に、思わず「やった!」「よっしゃ!」という言葉が飛び出しますよね。

Yes! ⇒ やった!よっしゃ!

スポーツ観戦などをしている時によく使われるフレーズです。

例えば、応援しているチームが点を決めた時などに思わず口から出る感じですね。

I did it.⇒ やったぞ!

「できた!」「終わった!」「達成した!」というニュアンスです。

また、スポーツの試合観戦をしていて、応援しているチームが勝利を収めた時に“They did it!” 「勝った!」というようにも使えます。

Bingo!⇒ やった!大当たり!

ビンゴゲームは日本でもパーティーなどでお馴染みですね。

大きな声で「ビンゴ!」と叫んだことがある人も多いはず。

転じて、思いがけない嬉しい結果に対する喜びを表す表現として使えます。

映画やドラマのワンシーンで耳にすることも多い表現です。

Hooray!⇒ 万歳!やりぃ!

“Hooray”は「フゥレェィ」と発音し、「レェィ」にアクセントを置きます。

「やったー!」という気持ちを表す時に使います。

まとめ

今日は「嬉しい」気持ちを伝える英語をご紹介しました。

まずは使えそうなものから、日常の会話に少しずつ取り入れていってみてください。

また、知っているフレーズのレパートリーを増やすだけで、「ああ、この人は今こんな気持ちなのだな」ということがわかるようになると思います。

相手の気持ちがわかるようになると、ぐっと心の距離も近づいて、より会話も楽しくなるかもしれませんよ。

今回はここまでです。お疲れさまでした!

なでしこ
これで今日も英語力ワンランクUP。がんばったね!うれしいね!またね!