「痛い」の英語|頭痛・腹痛・筋肉痛から「喉が痛い」まで【痛みの英語】を総まとめ

例えば楽しい海外旅行。

でも、ケガをしてしまったり、頭痛や腹痛がおきたりして、病院に行くことにならないとも限りません。

そんな時、どこがどんな風に「痛い」かを、英語で的確に伝えることができそうですか?

症状に合わせて、適切な処置をしてもらったり、薬を出してもらったりすることができれば、その後の旅行も安心して楽しむことができそうですね。

そこで、いざという時に慌てないためにも、英語での「痛い」の伝え方を学んできましょう。

痛みを表す4つの基本の英単語

「痛い」と伝える英語表現は、実はたくさんあります

その中でも、よく使われる“hurt”、“ache”、“pain”、“sore”という4つの単語の使い方を確認していきましょう。

幅広い痛みを表す“hurt”

まずは、“hurt”という単語をご紹介します。

“hurt”は、他動詞で使うと「~を傷つける」という意味ですが、自動詞で使うと「~が痛い」という意味になります。

ちなみに、この“hurt”という単語の意味は広いので、どのような痛みなのかハッキリしていない場合に使うことができます

また、ケガや打撲などのような外傷性の痛みを表すこともあります。

「自動詞」と「他動詞」とは?

ところで、そもそも自動詞」と「他動詞」の違いはご存知ですか?

“hurt”の具体的な使い方を学ぶ前に、せっかくなのでここで簡単に学んでおきましょう。

二つの違いは「動詞の後に目的語を必要とするかしないか」です。

目的語とは、動作の対象となる相手やものを表す語のことをいいます。

・自動詞:目的語を必要としない動詞。主語と動詞だけでも文章が完成する。

・他動詞:目的語を必要とする動詞。主語と動詞だけでは文章は完成しない。

例えば、「彼女は走る」という時は、“She run.”だけで文章が完結します。つまりこの時の“run”は自動詞です。

一方で、「私は教える」という時は“I teach.”だけでは不十分で、「何を」あるいは「誰に」という目的語が必要になります。

例えば“I teach English.”などですね。この“teach”は他動詞です。

多くの単語は「自動詞」と「他動詞」のどちらとしても使うことができますが、“hurt”のように「自動詞」なのか「他動詞」なのかで意味が変わることもあります。

自動詞の“hurt”

さて、“hurt”を「自動詞(~が痛い)」として使う場合についてみていきましょう。

この場合、“My身体の部位+hurts.”という簡単な言い回しで、「私の~が痛いです」と伝えることができます。

ネイティブがよく使う表現のひとつです。

My shoulder really hurts.⇒肩が本当に痛いです。

なお、日本語では「肩が痛いです」「お腹が痛いです」など「私の」といった所有格を省略して言うことが一般的ですが、英語の場合、誰かの身体の一部を指す場合、基本的に所有格を入れるのがポイントです。

また、どこが痛いかを尋ねる時は、“Where does it hurt?”と言います。

病院などで、お医者さんや看護師さんにこのように聞かれることがあるかもしれませんね。

持続的な鈍い痛みを表す“ache”

次に、“ache”の使い方を確認していきましょう。

“ache”は「鈍い持続的な痛み」を表す単語です。不快ではあるものの、耐えきれないほどではないような痛みの時に使います。

自動詞の“ache”

まず、“ache”は”hurt“と同じように自動詞として使えることを覚えておきましょう。

身体の部位を主語にして使います。

My knees ache when I wake up.⇒朝起きると両膝が痛むんだ。

また、次のように進行形で使うこともできます。

My back is really aching.⇒背中が本当に痛いんだよ。

名詞の“ache”

名詞の“ache”はよく“have”と組み合わせて使います。

“have an ache”で、「痛みを持っている」

つまり、「痛い」ということですね。

さらに“have an ache in ~.”のように“in”の後ろに身体の部位を入れることで、「~が痛い」と痛む場所を伝えることができます。

I have an ache in right arm. ⇒私は右腕が痛いです。

「~痛」を表す複合語“~ache”

“ache”は、“headache”のように、身体の部位を表す単語の後ろにくっつくと「~痛」という名詞になります

実は「ache」の前に置くことができる身体の部位はある程度限られています

ここで主なものを覚えてしまいましょう!

・“I have a headache.”⇒頭が痛い。

・“I have a toothache.”⇒歯が痛い。

・“I have a stomachache.”⇒お腹が痛い。


・“I have an earache.”⇒耳が痛い。

突発的な鋭い痛みを表す“pain”

続いて、“pain”という単語を見ていきましょう。

“pain”は、痛み全般を表すことができますが、どちらかというと「急性的で鋭い痛み」を表します。

動詞として使うこともできますが、あまり一般的ではありません。

名詞として使うことが多い単語です。

不可算名詞の“pain”/可算名詞の“pain”

ここで少し冠詞の勉強です。

“pain”を名詞として使う時、部位を特定せずに一般的な「痛み」を表す場合には「不可算名詞」となり、冠詞(a,an,the)は付きません。

The boy cried with pain.⇒その少年は痛みで泣き叫んでいた。
Are you in pain?⇒痛いの?

一方“I have/feel a pain in ~.”のように、“in”の後に身体の部位を入れて痛む場所を特定するような場合には、「可算名詞」となり、冠詞が入ります。

I feel a sharp pain in my chest.⇒胸に鋭い痛みがあります。

間違いやすい形容詞“painful”

“pain”と使い方を混同しやすい単語として、形容詞“painful”があります。

ここで、使い方の違いを覚えてしまいましょう。

例えば「痛かった」と言いたい時に、“I felt painful.”や“I was in painful.”と言うことはできません

“painful”は人を主語に取ることができないのです。

“painful”を使いたい時は「痛い部位を主語にする」と覚えましょう。

My left leg is painful.⇒左脚が痛い。

ひりひりした痛みを表す“sore”

最後に“sore”という形容詞をご紹介します。

「のどが痛いです」と言う時に使う“I have a sore throat.”という表現でお馴染みですね。

“sore”は、傷や感染などによる炎症を伴うような、ひりひりした痛みを表します。

また、筋肉痛を表現するのにはこの単語を使うのが自然です。

I’m sore from snowboarding yesterday.⇒昨日スノーボードをしたせいで筋肉痛です。

身体の部位を表す英単語

ここで、例文で紹介した以外の、身体の部位を表現する単語をいくつか確認しておきましょう!

身体のパーツを表現するたくさんの単語を知っていれば、より的確に自分の状態を伝えることができますね。

・neck(首)

・wrist(手首)

・palm(手のひら)


・elbow(ひじ)


・lower back(下背部・背中の下の方)

*腰が痛い時はこの言い方を使って“lower back pain”と言いましょう!

・buttock/bottom/butt(お尻)

*日本人は「お尻」というと“hip”を思い浮かべるかもしれません。ですが、“hip”はどちらかというと腰に近く、左右に一番張り出した部分を言います。“butt”はアメリカでよく使われる話し言葉です。

・thigh(太もも)


・shin(向うずね)


・calf(ふくらはぎ)


・ankle(足首)


・toe(つま先)


・heel(かかと)


・sole(足の裏) 

*the bottom of the footでも通じます。

ここで紹介した単語以外にも、日々の生活の中で「この部分は何と言うのかな?」と思ったら、ぜひ調べてみてください

こうした小さな積み重ねが英語力の向上につながります!

痛みの程度・状態を表す表現

日本語でも、どこかが痛くて病院に行くと、お医者さんに「どんな風に痛みますか?」と聞かれることがありますよね。

そこで、痛みの種類や程度を表す時に使える表現を、いくつかご紹介します。覚えておくと役に立ちますよ!

sharp pain 鋭い痛み
severe pain 激痛
dull pain 鈍痛
mild pain 軽い痛み
chronic pain 慢性の痛み
burning pain 焼けるような痛み
stabbing pain 刺すような痛み
throbbing pain ずきずきする痛み
tingling pain チクチクする痛み
intermittent pain 断続的な痛み

付録:日本語で「痛い」を使った慣用表現

最後に、日本語で「痛い」を使った慣用表現は、英語ではどんな風に言うのかみてみましょう。

胸が痛む

心に苦痛を感じたり、心配事などで苦しい思いをしたりする時に使う表現ですね。

実は、英語でもそのまま「心が痛い」と言えばOKなんですよ。

My heart aches for her suffering.⇒彼女の苦しみを思うと胸が痛む。

耳が痛い

他人の言葉が自分の弱点をついていて、聞くのが辛いという時に使われますね。

英語では“make one’s ears burn”つまり「~の耳を燃えさせる」という表現を使って表すことができます。

Her remark made his ears burn.⇒彼女の意見は彼には耳が痛かった。
  

まとめ

今日は英語で「痛い」と伝える表現を学びました。

痛みを伝える4つの基本の英単語“hurt”、“ache”、“pain”、”sore“の使い方を確認しましたね。

また、身体の各部位を表す英単語や、痛みの程度や状態を英語でどう表現するかについても学びました。

海外に行くと何が起こるかわからないものです。いざと言う時に慌てないよう日頃から備えておくと安心ですね。

今回はここまでです。お疲れさまでした!

なでしこ
これで今日も英語力ワンランクUP。がんばったね!うれしいね!またね!