「久しぶり」の英語!ネイティブが“Long time no see”より頻繁に使うフレーズとは?

「久しぶり」の英語と言えば“Long time no see.”を思い浮かべる人も多いと思います。

しかしネイティブが“Long time no see.”よりも頻繁に使う定番フレーズがあるのをご存知でしたか?

彼らは“It’s been a while.”“It’s been a long time.”といった表現を好んで使うのです。

日本ではメジャーな“Long time no see.”ですが、ネイティブの間ではどうしてあまり使われないのでしょうか。

今回はその理由をお伝えしつつ、ネイティブがよく使う「久しぶり」のフレーズを解説付きでご紹介します。

“Long time no see.”はちょっと不自然

日本人の多くは「久しぶり」=“Long time no see.”だと思っていますよね。

もちろん間違いではないのですが、ネイティブからすると少しひねりを加えたユーモラスな感じがするため、普段の会話ではあまり使いません。

一体なぜでしょうか。

“Long time no see.”は中国語の直訳だった!

実は“Long time no see.”というのは「お久しぶりです」という意味の中国語「好久不見」を英語に直訳したものだそうです。

このフレーズは文法的にもおかしいのですが、それは中国語を無理に英訳したものだからなのですね。

このように“Long time no see.”は英語として通じるものの少し変わった言い回しになるため、普段の会話では頻繁に用いられないのです。

特にビジネスシーンなどのフォーマルな場面では使わないように気を付けましょう。

友達の間で使うのはOK!

友達とのやり取りであれば、ちょっとユーモラスなニュアンスを出したい時に“Long time no see.”を使うことはあります。

ただし“see(会う)”という言葉があるため、直接会っている時に使うようにしましょう

「久しぶり」の定番フレーズ!パターン1

ではネイティブの間で「久しぶり」といえば、どんなフレーズが定番なのでしょうか

良く使われる2つのパターンをご紹介します。

まず1つ目は“It’s been~”のパターンです。

覚えておきたい3つのフレーズ

“It’s been~”といえば主にこの3つのフレーズが良く使われます。

  • It’s been a while.
  • It’s been a long time.
  • It’s been ages.

どれも“It’s been~”の後ろに長い時間を表す言葉(while / long time / ages)がきていますね。

特に“age”「時代」という意味なので、非常に長い時間を表すときに使う言葉です。

では一体何がとても長い間なのかというと、「最後に私たちが会ってから長い時間が経ちました」ということが言いたいのです。

つまり“It’s been a while.”は“It’s been a while since I last saw you.(私があなたに最後に会った時から長い間が経ちました)”ということです。

“since”以下まで言うと長いですし、わかりきっていることなので省略されているのですね。

ちなみに“It’s”は“It is”ではなく現在完了“It has”の省略形なので注意してください。

現在完了はずっと何かが続いている状態を表す時に使われますが、今回の場合は最後に会った時から今という期間まで、ずっと時間が経過したことを表すために用いられています。

「本当に久しぶり」と強調したい時は?

何十年ぶりかに会う相手に言う場合には「本当に久しぶり」のようにさらに強調して伝えたいですよね。

そのような場合には“such”“quite”といった言葉が便利です。

  • It’s been quite a while.
  • It’s been such a long time.

「久しぶり」の定番フレーズ!パターン2

続いてご紹介する「久しぶり」の定番フレーズは“I haven’t seen you~”です。

“I haven’t seen you~”を使ったフレーズ

“I haven’t seen you~”のパターンでよく使われるフレーズはこの3つです。

  • I haven’t seen you in a while.
  • I haven’t seen you for a long time.
  • I haven’t seen you in ages.

先ほどの“It’s been~”と同様に長い時間を表す言葉(while / long time / ages)が用いられ、現在完了が使われていますね。

この3つのフレーズの場合は“I(私)”を主語にして「私は長い間あなたに会っていない」という意味になります。

なお、“a while”と“ages”の場合には前置詞“in”、“a long time”の場合には前置詞“for”が用いられている点に注意してください。

他にもある「久しぶり」の挨拶に使える表現


「久しぶり」の定番フレーズ以外にも、代用として使える表現もあります。

また、ビジネスなどのフォーマルなシーンや、具体的にいつぶりなのかを伝える丁寧な表現もありますので、ご紹介しておきます。

喜びを全面に出す「また会えて嬉しい!」

久しぶりに会えた喜びの感情をストレートに出すならこれらの表現がおススメです。

  • Nice to see you again.
  • Good to see you again.
  • Great to see you again.

どれも「またあなたに会えて嬉しい」という意味のフレーズですが、喜びの度合い「Nice < Good < Great」の順に高くなります

これは“It’s [nice/good/great] to see you again.”の略で“It’s”の部分が省略された形になります。

フォーマルな「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」

日本語のビジネスシーンでは「久しぶり」の丁寧語として「お久しぶりです」「ご無沙汰しております」という表現がよく使われますね。

英語には敬語がないなんて言われますが、英語にも丁寧表現というのはあります

基本的に英語では「省略しない」ことで丁寧なニュアンスを出すことができます。

「久しぶり」の場合、定番フレーズ“It’s been a long time.”はもともと“since I last saw you”が省略されていることはすでに確認しましたね。

つまり丁寧に表現したい場合には、その省略をなくし、いつぶりなのかを具体的に書けば良いのです。

It has been a long time since I last contacted you.⇒(最後にご連絡を取り合ってから)ご無沙汰しております。
It has been a long time since we last met at Osaka.⇒(大阪でお会いして以来)ご無沙汰しております。

付録:「久しぶり」につなげて言いたい会話フレーズ

「久しぶり!」と声をかけてもそれだけだと味気ない時もありますよね。

そこでそんな時に役立つ会話フレーズ集も付録としてご紹介しておきますので、この機会にチェックしてみてください。

  • How have you been?(元気だった?)
  • You look great.(元気そうだね。)
  • You haven’t changed at all.(全然変わらないね。)
  • You look beautiful as always. (相変わらずきれいね。)
  • You’ve changed a lot.(かなり変わったね。)
  • Have you lost weight?(痩せた?)
  • Have you gained weight?(太った?)
  • What have you been up to?(最近どう?)
  • I’ve missed you!(ずっと会いたかった!)
  • How’s your family? (ご家族はお元気ですか?)

まとめ

今日は「久しぶり」の英語について学びました。

日本人には馴染み深い“Long time no see.”が実は中国語の英訳だったことや、ネイティブがよく使う定番のフレーズについてご紹介しました。

今回はここまでです。お疲れさまでした!

なでしこ
これで今日も英語力ワンランクUP。がんばったね!うれしいね!またね!